【射精管理】52歳のボクの主治医は喉を鳴らして飲んだ精子で患者のカラダを把握する【安野由美】


「先生がぜ~んぶ搾り取ってあげるから、絶対にオチンチンに触れちゃダメよ。」「ほらぁぁぁ…い~っぱい我慢すると、もっと黄色いザーメンが出てくるのかなぁ」っと、肉棒の匂いが大好物な女医が、射精管理している患者を深夜に集め、イカ臭い恥垢の匂いを入念に検査した後、欲情して尻穴まで舐めまわし、汚汁を搾取する…。そんな、アドリブ痴女PLAY×最低2週間の禁欲特濃ザーメン×デカチン騎乗位FUCK!




全編はここから

FANZA童貞クン卒業しちゃう///